HSP人生どん底30才独身女が子犬を迎えてみた結果。。

HSP、鬱病、引きこもりの人生に突然真っ白な子犬が現れたら。

HSPの私、感情移入しすぎて正直しんどい

こんばんは。 HSP人生どん底30才独身女ame(アメ)です。

 

今週も、前から決まっていた用事のため週末は東京に来ています。

子犬はおうちでお留守番。 

 

一通り用事を終えて、宿のある恵比寿に戻った。

久々の大人数の会食で疲れたのか少し耳鳴りがした。

 

まだまだ心にバリアを張ってしまう。。

はぁぁぁぁぁぁ。   疲れた。

 

寒空の駅前を歩いてホテルに向かう頃にはもう深夜だった。

 

コンビニでヨーグルトとメイク落としを買って外に出ると

シャッターのしまった店の前に1人のスーツ姿の男性がうつ伏せで倒れていた。

 

行き交う通行人。 その人を避けるようにみて見ぬふりで歩く人達。

近づくとワイシャツが吐瀉物まみれでどうやら飲みすぎてしまったようだ。

 

年齢は20代前半くらいの若者で、顔色は真っ青だった。

 

通り過ぎるカップルの女の声が聞こえる。

 

「うわー見てー、あんなん死んじゃうよ。ウケる」

 

確かにこんな寒空の下、アル中にでもなったら死んでしまうだろう。

 

声をかけても全く意識はなく、近くの交番にいって最後は救急車で運ばれていった。

 

 

なんだかなぁ。 一緒に飲んでた上司達はなんで最後まで面倒みてあげないんだろう。

 

社会に出たばかりのまだお酒の飲み方も知らない若者のそんな姿を見て、私は10歳年下の弟がすぐに思い浮かんだ。

弟も新社会人になったばかり。  東京で一人暮らししながら働いていて、休みも全然ないらしい。

 

もしこれが弟だったらと想像したら泣きそうになる。

 

寒空の下、吐瀉物まみれで倒れて、通行人に避けられていたら。

 

倒れていた彼も、田舎から出てきてたった1人で東京で頑張っている若者だったかもしれない。

上司におべっか使って、無理に飲まされあんな風になって最後は誰も介抱せずにサクッと終電で帰って。

 

救急車を見送ったあと、 ポロリと涙が出た。

 

もう少しだけ、思いやりを持って欲しい。

 

 

これもHSPの特性の一部だろう。

想像しすぎて感情移入してしまう。 この夜もなかなか寝付けずグルグル考えてしまった。

自分の弟だったらと想像するだけでも悲しいんだけど、

この人にも家族がいて兄弟がいて。。って想像すると泣けるのだ。

 

こんな性格、疲れちゃうよね。。

 

同じような方いますか? 

 

映画やドラマを見ても、感情移入しすぎて疲れちゃって。

 

ウォーキングデット大好きなんだけど、グロすぎて1週間ご飯食べれなくなったり。笑

 

作品を見るの大好きなのに、その度ジェットコースターに乗ってるみたいなんだよなぁ。