HSP人生どん底30才独身女が子犬を迎えてみた結果。。

HSP、鬱病、引きこもりの人生に突然真っ白な子犬が現れたら。

HSPとトラウマ、インナーチャイルド編

こんばんは。 HSP人生どん底30才独身女ame(アメ)です。

 

今回は前回からの記事の続きを書きます。

前回の記事

 

www.ameonna333.com

 

前回書いた通り、インナーチャイルドの探求を続けた私は一番のトラウマが父親であることにたどり着いた。

またここで一つ書いておきたい事は、インナーチャイルド(トラウマ)を探求するとき、絶対に無理はしないでほしい。 思い出したくないほど嫌な事が本来トラウマなのだ。

しかも人生に影響を及ぼしているくらい大きな満たされない感情(トラウマ)なんてものはだいたいえげつない。 あなたにとっては二度と思い出したくない心の奥底のパンドラの箱に閉じ込めて何重にも南京錠をかけているようなものなはずだから。

 

息が苦しくなったり、冷や汗が出てきたりしたら決して無理はしないで。

深く深く息を吸って、すぐにYouTubeでお笑い動画を見て。

愛犬愛猫を撫でて。 パートナーがいる人は抱きしめてもらってね。 約束。 無理はしない事。

 

 

私も、「女子のグループが苦手」って事について探求してたとき、16才の頃怖い女子グループ7、8人に山に連れて行かれてリンチされたことがあって、ずっと忘れてたはずのその記憶が蘇ったとき過呼吸になっちゃったんだ。

そうやって思い出したくなければないほどなかった事にして閉じ込めてるものだから。

 

じゃ今日はインナーチャイルドとの向き合い方や癒し方について考えていこうと思います。

まず

・静かな自分の時間を持つ

ひとりの静かな時間を持ちましょう。 ゆっくり瞑想したり、半身浴したり、ひとり旅もオススメ。

ひとりの時間はある人でもずっとゲームしたり動画を見たりと言う方も多いはず。

自分の内面を見つめる時間を作りましょう。

HSPひとり旅のススメはこちら

 

www.ameonna333.com

 リラックスして、目を閉じ、

・ゆっくり過去の自分にアクセスしていきます。

楽しかった記憶、嬉しかった事。クリスマスの朝、誕生日の夜、いろいろな過去にアクセスして、その当時の感情をそのまま感じてください。

一通り終わったら、次は

・ちょっぴり苦い思い出にアクセスしていきます。

みんなの前で転んだ日、お漏らしをしてしまった日、受験に落ちてしまった日。

 

そして次は、 

・悲しかった思い出にアクセスしていきます。

(何度も言うけどくれぐれも無理しないでね)

 

母親が病気で亡くなってしまった日、両親に殴られてしまった日、友達に仲間外れにされた日、ショックなことを言われた日、上履きがなかった日、鍵っ子で一人ぼっちの団地、隠れて泣いている母をみた日、、 

 

ゆっくりゆっくり 

 

そして、

その時の感情をゆっくりゆっくり 今の自分に与えていきます。

 

涙が溢れてきたら、どうか止めないで。 ひどい顔になったっていいから思いっきり泣いてね。

 

そうしたら次は、

その時の裏の感情を感じます。

悲しかったその時、あなたは本当はどうして欲しかったですか。

 

「愛されたかった」「喜ばせたかった」「ただ笑って欲しかった」「仲良くして欲しかった」「褒めて欲しかった」

そんな風に感じている子供の頃のあなた。 心の奥の奥の隅っこで膝を抱えているあなたを見つけたら。  今、

 

迎えに行ってあげましょう。

 

「よくがんばったね」「そうだよね、愛されたかったよね」「喜んで欲しかっただけなんだよね」  そう言って抱きしめてあげましょう。

 

小さな体で、あなたはすごく傷ついて、我慢して、耐えてくれたから

今あなたはそこにいるんです。

 

「ありがとね。ほんとに頑張ってくれてありがとね」

 

そんな風に感謝の言葉を伝えましょう。

 

 

ここまでの過程をゆっくり時間をかけ、探求していきます。

涙が溢れたら浄化の証。 

涙が乾く頃には、少しクリアになった世界が広がっているはずです。

 

敏感なHSPは特に記憶が残りやすく、インナーチャイルドに苦しんでいる方が多いのではないかと思い記事にしてみました。 

感想や実体験などコメントでシェアしていただけると嬉しいです。

 

続く