HSP人生どん底30才独身女が子犬を迎えてみた結果。。

HSP、鬱病、引きこもりの人生に突然真っ白な子犬が現れたら。

どん底女の私、ブログを初めて10日で400view突破!

こんばんわ。  HSP人生どん底30才独身女ame(アメ)です。

 

今日でこのブログを書き始めて10日経ちました。。

 

なんと400view。。

 

誰もこんなブログ読んでくれるわけない。と、半ばダメもと、鬱のリハビリの一貫で始めたのですが、 読んでくれてる人がいるなんてなんだか感激です。涙

 

先日は初めてコメントをいただきました。

0から1の瞬間て、すごく貴重な瞬間。

 

と、同時に、こんなにどん底で何もない人間なんて私くらいのものだ。ってくらい悲観していた私にとって、同じ症状や気質で悩んでる人がいると感じれただけでなんだかとても勝手に心強いのです。

これからもマイペースに書いていこうと思いますので、よろしくお願いします。

 

f:id:ameonna333:20191127235318j:plain

枕元で待機

 

今日は、、というか もう日課なんですが、

朝は六時に子犬が枕元まで叩き起こしに来てまず白目を剥きながらご飯をあげます。

 

私は大体夜中3時くらいまでPCで作業してるので、睡眠時間は3時間ちょいくらい。

その後二度寝。 二度寝の間、子犬はちゃんと騒がず待っていてくれて、10時位になるとお散歩に連れてけと起こしにきます。

 

子犬は真っ白なので、汚れないようにセーターと靴下を履かせてお散歩に行くんだけど、 セーターを着ないとお散歩に連れて行ってもらえないとわかっているのか、

「お散歩行く?」と聞くと飛び跳ねてセーターをくわえてきます。

 

お散歩は、大体小型犬は30分のお散歩を1〜2回くらい。中にはお散歩がそんなに必要ない場合もありますよ〜!なんてペットショップの店員さんは言ってたけど、完全に嘘。笑

個体差があって、どの犬種だからこうってのはありません。

 

ウチの子犬は、がっつり1時間。しかも全編早歩きで、後半は全力ダッシュのお散歩が必要です。

 

私の顔を見上げながらずっとくっついて歩いてくれるし、拾い食いも、ひっぱりも全くしなくてすごく助かっているんだけど。。

とにかくアクティブで、そんな生活に変わって早1ヶ月ですが、

 

3キロ痩せてました。。笑

 

まあそりゃそうだよなって感じです。 そんな感じで子犬と運動するようになって、食事は全部家で自炊(節約と引きこもりのため笑)してたら、肌もツルツルに。。

 

子犬が来てから、大変な事の数と同じくらい良いことも沢山。

 

何より晩秋の大自然の山道を毎日散歩するというのは、きっと精神面にもとても良いんでしょう。 深呼吸しながら、空を見上げると秋特有の不思議な雲たち。

野焼きの煙い匂いと、落ちた木の実の匂い。薄暗い神社。 小学生の時に通っていた通学路。 トトロに会えそうな、森の迷路の入り口。

 

私は小4の時にこの田舎にきた転校生で、はじめは友達が全くできずにいつも1人で帰っていた。 1人だからなんとなく歩く速度が速く、前にいた楽しそうに帰るクラスの女子グループに追いついてしまう。

気まずくて、靴紐を結ぶフリして間隔開けて。

思い返せばいつもいつも、なんだかグループに馴染めなくて。

そんな辛い時、子供の私はいつもこう自分に言い聞かせていた。

 

将来の私はアメリカで暮らしてるんだ!辛いのは今だけだ!

 

当時の私は海外といえばアメリカしか知らず、なりたい職業とかも特になくただこんな田舎からかけ離れたずっとずっと遠い街で楽しく暮らすんだ!という意味でそう思っていた。

そのころの私が今の私を見たらどう思うかな。

30才で実家に出戻って、寝癖ジャージで子犬を散歩させてる私。

 

今の私、嫌い? 恥ずかしい?

 

もしそうだったらごめんよ。子供の頃の私。

 

夢を叶えてあげられなくてさ。

 

そんな風に思って、少し鼻の奥がつんとなった。

 

さあ、明日もまた子犬と散歩だ〜。 いつか今日のことも笑って話せるような未来が待ってると良いな。

 

あなたも。  ゆっくりゆっくり 、心の風邪を治しましょう。一緒に。

 

 

続く

結婚・恋愛マッチングサービス
いいね婚「マリッシュ」/R18