HSP人生どん底30才独身女が子犬を迎えてみた結果。。

HSP、鬱病、引きこもりの人生に突然真っ白な子犬が現れたら。

HSPの私、子犬との生活でキツイことランキング

こんにちは。 人生どん底30才独身女 ワンコ初心者ame(アメ)です。

 

前回までの記事の通り、私は子犬が来てから睡眠不足と食欲不振と普段の何倍もの運動量のため3日で2キロ痩せたわけです。

 

まだまだこの生活に慣れるには時間がかかりそう。。

 

最近このブログの名前でツイッターを始めました。

 

同じようにHSPを抱えて悩んでいる方々と交流できたりして、同じような悩みを共有できる機会に嬉しく思っています。

 

さて。子犬がやってきてもうすぐ一週間。 いずれもまだ3時間おきに起きてトイレトレーニングに励んでいます。

トイレの時間になったらクレートから出してトイレに連れて行き、

「ワンツーワンツー」と言いながらこの言葉を聞いたら排泄をするように覚えてもらう。

子犬は排泄の回数がとても多いので、この頃にはスムーズにトイレで排泄してくれるようになってきました。

HSPの方々は、きっと人間関係に困難さを抱えたり、ひとりの空間が欠かせないという方がとても多いと思います。 ひとりの部屋に帰った時に癒しをくれる動物がいたらいいなと、ペットをお迎えしようと考えてる方も多いのではないかと。

 

なので今日はHSP強度の私が実際に子犬を迎えてみてきつかったランキングをまとめようと思います。

まず第5位、、

 

ご飯の量、時間、トイレの時間、神経質になりすぎる

まず、子犬を迎えるという初めての試みにあたり、ありとあらゆる事を徹底的に調べて完璧にしようとしてしまいます。私は1グラムのズレなくご飯を図り、1分のズレなく決まった時間にご飯をあげ、3時間ごとにアラームをかけてトイレトレーニングをしていました。本で読んだことやトレーナーさんに聞いた事をそのまんまやらないと気が済まないため、一気に生活が変わって風邪をひいてしまいました。笑

 

続いて第4位

 

・子犬の気持ちがわからない

普段、対人間ならば敏感すぎるが故に相手が何を考えているのか、どんな感情なのかをすぐに察知するのですが、子犬と何度目を合わせても、まだまだ何を考えているのかわかりません。この「目の前の生物が何を考えているかわからない」という状況自体が珍しいのでどうしていいのかわからなくなってしまうのです。

 

第3位

 

・甘噛みというなの本気噛み

もう、、キツイ。。誰に聞いても甘えてるだけ、乳歯がかゆいだけ、そう言われますが、歯が刺さるたびに驚き、気持ちが高ぶり、過敏に反応してしまいます。

 

第2位

 

・トイレシーツのにおい

トイレシートのにおいや、消臭で使うスプレーのにおい、ドッグフードのにおい、おやつのにおい、とにかく人生で嗅いだことのないにおいが自分のテリトリーに入ってきます。他の部屋から自分の部屋に入った時に感じるにおいに敏感になりすぎて大変でした。

 

そして第一位。。!

 

・鳴き声と唸り声!!

これはもう、果たして克服できる日が来るのか、、。と最初は途方に暮れましたが最近ようやく少しずつ慣れてきました。 鳴き声がするたびに耳鳴りがして、神経が逆立ってしまい、発狂してしまった事もあります。 おもちゃで遊んでいる時の唸り声も苦手です。

 

はい。正直に書かせてもらいました。どうでしょうか?

 

元々動物嫌いの家庭で育った私は、今回子犬を迎えるにあたり、責任やら覚悟やら子犬の幸せを何度もなんども考え、覚悟を決め、お迎えしました。

 

それでもどうしてもHSPという事もあり、苦手なことはもちろんあります。

可愛いだけではありません。

むしろ悩みが増えた気がします。

 

けれど、ひとつだけ確実に変わった事があります。 それは

 

「死にたい」「消えたい」という思考がまるでなくなった事です。

 

ベッドから体を起こすと、ちょうど子犬と目が合うのです。

 

何考えてるかわからなくて、うるさい君。

毎日、この生物をもっと知ろうと試行錯誤する日々。

ずっと引きこもっていた私は、誰かの目をこうしてずっと見つめるなんて事いつぶりなんだろうと思いました。

f:id:ameonna333:20191121002755j:plain

がおー

 

ちょっとずつ、いろんな事を克服していきたい。

 

続く

次の記事

 

ameonna333.hateblo.jp