HSP人生どん底30才独身女が子犬を迎えてみた結果。。

HSP、鬱病、引きこもりの人生に突然真っ白な子犬が現れたら。

音やにおいに敏感なHSPの私、子犬との最初の夜。

こんにちは。 人生どん底30代独身女 ワンコ初心者ame(アメ)です。

 

前回までの記事の通りそんなこんなで突然子犬と暮らすことになって初めての日。

 

まず、ワンコ初心者の私に言いたいことがある。 それは、

 

子犬達、飼い主の家に着くまで猫かぶってる説!!!

 

犬なのに。猫かぶってますよね?

 

ペットショップでの可愛い眼差し。 抱っこされた時の瞬殺まばたき。

くんくんした後のクウ~ンという鳴き声。

 

あの時の君はどこへいったのでしょうか。

f:id:ameonna333:20191119162900j:plain

家に着くまで

 

ふわふわまったりポワーン。

きっと君はのんびり屋さんでゆったりした奴なんだろうとの想像は見事に初日で打ち砕かれた。

名前を呼ぶとこんな風に首を傾げて見つめていたのに!

 

HSPの私は、特に大きい音や慣れないニオイにすごくストレスを感じてしまう。

 

思ったよりずっと吠える君に、最初は少したじろいでしまった。

感情が読めない、どうして吠えているのかわからない。

 

普段人と接して来て、表情や仕草ですぐに感情が伝わって来たり、共感しすぎて気疲れしてしまう私にとって、まさに未知との遭遇だった。

 

な、何考えてるか、わからない!!そしてうるさい、!!

 

君は好き勝手暴れて吠え続ける。

私は鳴き声が頭に響いて耳鳴りがしてくる。

 

そして悟った。

 

ああ、飼い主が決まる前のワンコ達はみんなあんな感じなのか。ふっっ。なるほどね。やられたぜ。(白目)

 

はしゃぎ疲れてようやく寝てくれた君。

 

これから始まる日々の幕開けの夜。

 

やっと眠れるとベットに潜ったが、私は来たばかりのワンコにもしも何かあったら!と考えてほとんど眠れなかった。

 

睡眠不足と食欲不振と耳鳴り。 はっきり言ってうつ病の症状となんら変わらない。

 

けれど今こうなっている理由は、死にたいからでも消えたいからでもなく、

 

このうるさい白い物体のせいだ。

 

騒がしくて 忙しなくて 心配で 弱々しくて 守りたくて、

 

気が気じゃない、子犬との最初の夜だった。

 

続く

 

次の記事

 

ameonna333.hateblo.jp